看護の仕事で職場を探すときにはまず自分なりの目標や条件などを明確にすることが必要

記事一覧

医療系求人

看護師

良質な医療系求人を探すのに必要なこと

介護業界において転職はよくあることです。転職をする方が一番欲しいのは、次に行く所の詳しい情報でしょう。医療系求人となると行先は様々です。本当の病院の場合もありますし、その医療系法人が経営する介護老人保健施設、有料老人ホームの場合もあります。病院となると、介護福祉士ではなく看護助手として働くことになります。給料は介護保険の施設よりは良いかもしれませんが、主任などといった役職へ昇任するといったことはまずありません。ずっと看護師の助手のままです。介護老人保健施設であれば、看護師より介護福祉士の方が数が多いのもあり、昔に比べると介護系の役職も増えてはいます。しかし、それでも医療系の専門職の方が給料でも優遇されています。処遇改善加算を入れてもです。基本給が看護師やリハビリ職の方が高いからです。有料老人ホームでも、やはり介護職より看護やリハビリ職の方が基本給は高いです。ただ、その法人がよほど酷い経営をしている所ならば話は別ですが、普通の企業やベンチャー企業が経営している介護保険の事業所よりかは、医療系の法人の方が給与体系もしっかりはしています。転職をするにあたってですが、まず誰でもハローワークや福祉のお仕事へ登録するはずです。しかし、医療系求人も含めて介護で転職するならば、求人情報サイトへいくつか登録した方が良い求人を見つける確率は高くなります。その理由は、求人情報サイトの担当者は企業へ登録者を紹介するのが仕事ですから、色々登録者から聞き取りを行います。当然、今勤務している会社のこともおのずと聞く形になります。だから、求人情報サイトの担当者には多くの事業所の情報が入ることになるのです。自分にあった所がどんな所か、そもそも医療系求人があっているのかも求人情報サイトの担当者に相談できます。